特注のれん(暖簾)、オリジナル風呂敷制作専門の京都山本染匠工房。京都伝統の染め技術で、お客様のご要望に沿ったサイズ、デザインで心を込めて格安で制作致します。
ホームオーダー座布団制作

オリジナル座布団

弊社のオリジナル座布団は、【印染め】と呼ばれる暖簾や風呂敷に家紋などを入れる染物の技術と、生地は【丹後縮緬】という京都産の最高級の絹を使用しております。
相撲の関取控え座布団はもちろん、店舗用や旅館、業務用のオリジナル座布団をご希望のお客様はお気軽にお問合せくださいませ。ご希望の色、デザイン、数量などご要望に沿った座布団をお作り致します。

インターネットから直接の京都伝統の染屋とのやりとりだからこそ、
本当に良いものをより安いお値段でお客様にご提供することができます。

弊社代表 染め師 山本昌宏



 ◆業務用ざぶとん
 畳文化から生まれた「座布団」。
旅館、料亭などに御使用になる「座布団」は高級感、オリジナリティ、着用感は欠かせません。このようなご要望にお答えいたします。
  
 ◆ 関取控えざぶとん
 大相撲の本場所で使われる「控え座布団」。通常の座布団とは厚み、大きさが違います。
これは幕内力士だけに許された最後の出世の証しです。この座布団は場所中に力士が土俵下で自分の出番を待っている間に使う座布団です。
ひいきの関取や、芸能人の方に贈られるケースもございます。
  

オリジナル座布団制作 【関取控え座布団について】
オリジナル座布団


関取控え座布団とは…

力士が使う座布団で、通常の座布団とは厚み、大きさが違います。

この座布団は場所中に力士が土俵下で自分の出番を待っている間に使う座布団で、四股名が書いてあるのは幕の内力士だけです。

座布団作りに使われるのは印染めと呼ばれるのれんや風呂敷に家紋などを入れる染物の技術です。

生地は丹後縮緬という京都産の最高級の絹が使われます。京都の伝統を支える絹です。

<弊社はこれまで千代の富士関や貴乃花関、白鵬関など
数々の力士の座布団を手掛けてきました。>

以下は関取座布団の仕上がるまでの工程を簡単にご説明致します。

相撲座布団他

関取座布団の制作実績はこちら
 


1.まず最初に、生地に相撲字の四股名など下書きをします。

2.下書きの後はノリ置きという作業です。
文字の周りにノリを塗ることで染まらずに白く残る部分を作ります。

3.毛筆の雰囲気を出すために筆のあと、かすれ具合も表現します。1ミリでもはみ出すと文字が一変してしまいます。
 

4.ノリが渇くと染料をハケで塗っていく引き染めという作業をします。ムラがでないよう、短時間で仕上げる、職人の技術が問われる作業です。
 

5.染め上がるまではわずか5分ですが、ハケの作業での集中力が出来上がりを左右します。ここまでの工程で座布団の生地が仕上がります。

6.出来た生地に4キロの綿をつめて完成です。

このような作業工程を経て、
一つひとつ、心を込めて制作しています。


◆NHK放送番組にて
弊社代表・山本昌宏が京都の伝統・染め技術
(関取控え座布団)について取材を受け、
放送されました。

動画はこちらからご覧下さい

◆NHK教育放送番組 「美の壺」にて
弊社代表・山本昌宏が京都伝統の暖簾についての取材を受け、08年6月に放送されました。
番組タイトルも染め抜きました。

動画はこちらからご覧下さい


イベントでオリジナル座布団、店舗のお客様用の座布団など
料金や費用についてのお問合せはお気軽にどうぞ。

 

▲ページトップへ

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス